井上真央と松本潤は2016年結婚か!?「これが最後になっても」の大河終了

2134912627_7f7c29e7bf_z

Photo: undefined by mrhayata

スポンサードリンク
 

結婚秒読みと言われながら未だ独身
の井上真央さんと松本潤さん。

2016年に果たして結婚という文字
が週刊誌を飾る日がくるのでしょう
か。

 

機は熟したのでは!?

井上真央さんは1987年1月9日生まれ
の28才。適齢期というものがある
ならいい感じの頃合いではあります。

これが相手がいないのならまだしも
ドラマ共演から親しくしている嵐の
松本潤さんというお相手がいるのです
から話は早い。

あとは結婚の時期、というところに
世間の耳目も集っています。

そんな二人‥‥

2005年の『花より団子』の共演以来
のおつきあいなので、かれこれ10年
になるわけで、昨年の堀北真希さんと
山本耕史さんの交際0日婚と比較して
はなんですが、正直、今日にも結婚
しても何も、誰も不思議には思わない
ほどの年季が入っています。

実際、この二人なら結婚しても、と
一部ファンは懐の広いところを見せ
ており、一般人とこれから熱愛、結婚
というのは考えにくいですが、これが
相手が井上真央さんなら障害も少なく
済むのではないでしょうか。

何より‥‥

機は熟した、という表現がふさわしい
時期になったと思います。

 

「これが最後に
なってもいいと
思えた」

まるで引退を覚悟して全日本
フィギュアに挑んだもう一人の真央
さん、浅田真央さんの言葉のようです
がこちらは井上真央さんの言葉。

これは1年2ヶ月にわたり NHK大河
ドラマ『花燃ゆ』の主人公を演じきっ
た真央さんが、モデルプレスの記事の
中で語った言葉です。

「燃え尽きております」

昨年10月14日にクランクアップを
迎え、大役を果たした真央さんは
そうも語っています。

女優として、燃え尽きるほどに
演じることができた作品に出会えた
こと。

そしてそれを、いくら低視聴率だと
批判があってもやり通したことへの
達成感は何ものにもかえがたかった
はず。

だからこそ、
「これが最後になってもいい
と思えた」

という言葉まで使ったのでしょう。

スポンサードリンク

もちろん最後という言葉をダイレクト
に言葉そのままに芸能界引退と解釈
するのは早計ですが、それにしても
燃え尽きるほどに打ち込める仕事に
出会えた作品が無事に終了した今、
その胸に去来するものは何か。

女優としてはやりつくした、そうも
言える真央さんにとって、それを
超える人としての幸せはと考えた
場合、やはり結婚という二文字は
欠かせないように思います。

まだ撮影中の9月に女性自身という
雑誌のインタビューで真央さんは、

「もし好きな人から「やめてくれ」
と言われたらやめますね」

と答えています。これは他でもない
松本潤さんへのメッセージととって
間違いないことでしょう。

女優として十分にやりきった。
私はもう準備完了ですよ、あとは
あなたからの一言を待っています、
という訴えにも解釈できそうです。

事実、ジャニーズ事務所だからと
いって結婚できない時代ではなく
なりました。

嵐といえども人間、絶頂期の
木村拓哉さんが結婚し、その後
アイドルを続けることができている
ように、また、1グループ一人だけ
が結婚を許されると思っていたら
TOKIOの国分太一さんも結婚し、
それも都市伝説でしかないことが
証明されました。

何より、ジャニー喜多川社長が

「適齢期がきたら、遠慮なく
結婚すべき」

と昨年明言したではありませんか。
つまり障害はなくなったのです。

少なくともそれが本当なら。

モデルプレスのインタビューで
真央さんはこう述べています。

「美和」というところを「真央」に
置き換えて読んでみてください。

これが今の真央さんの本当の心情
を吐露しているように読めてなりま
せんでした。

「ドン底まで味わった2人が幸せになる瞬間。いろんなことが蘇って泣きそうになりました。役の感情なのか自分の感情なのかわからない不思議な感じでした。美和も幸せになっていいんだ、幸せになるのが今の私の使命なんだという気持ちになりました」
(引用元:モデルプレス)

そろそろかもしれませんね、
本当に。

スポンサードリンク

ではまた。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

関連記事
→井上真央パニック障害の過去!自信なく大量の薬飲みテレビ局へ

話題の記事

→ベッキーバラエティ降板は必至!? 笑いたいのに笑えない視聴者
→西川サンジャポでベッキー異常擁護!うるさいほど可哀想連発
→ベッキー擁護のマスコミにネットブーイング!被害者は妻の声
→ベッキーと川谷の LINE!週刊文春が掴んだその内容とは!?

 

よく読まれている人気記事

→FNS歌謡祭2015に中島美嘉が再び登場!下手は病気が理由か!?
→秦基博の歌声がFNS歌謡祭2015も救った!? 名曲を蘇らせる神声
→中山美穂がFNS歌謡祭で自信つけ歌手活動再開!? にネット唖然
→桐谷健太「海の声」熱唱でFNS歌謡祭出演歌手を完全圧倒!
→FNS歌謡祭で広瀬香美がブラひもチラリ!? 顔がまた変わった?
→FNS歌謡祭であのAIが放送事故!? 声も出ず音程もはずれ
→中山美穂の現在は妹 中山忍より需要なし!? ネット厳しい声
→FNS歌謡祭の中山美穂の歌が下手すぎて炎上か!? ただ泣きたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析