ウサインボルト世界陸上2015も金か!現役引退は2017年に

2015-05-31_174338

スポンサードリンク

こんにちは(⊹^◡^)ノo゚。

人類史上最速の、
なんて形容詞がついてみたい
ものです。

いきなりですが世界陸上2015北京
もまもなくということで、あの生きる
伝説、ウサインボルト選手の存在が
またまたクローズアップされてきま
すね。

なんせ“人類史上最速”です、
それも一度や二度じゃない。

ウサインボルトの今までとこれから
そして北京。気になることだらけ。

▶️世界陸上2015北京200mジャスティンガトリン世界新で金か!?

▶️世界陸上2015男子4×100リレー決勝アメリカ失格の理由は!?

 

引退は2017年
世界陸上まで延期に

記録はいつか破られる。
そんな名ゼリフがありましたが、
世界最速、人類最速の男は引退
するのでしょうか。

当初、ウサインボルトは2016年の
リオデジャネイロ五輪の後に引退と
表明していました。

けれどもそこから1年延長、結果
として2017年の世界陸上を最後
に引退ということになったのです。

スポンサーから
「もう一年続けて欲しい」との要請が
あり、それに応えたわけです。

ファンにしてみれば、1回でも多く
走る姿を観たいので、引退自体は
悲しいですが朗報ですね。

 

生きる伝説となった男
ボルト!

ウサインボルトの何が凄いか。
今さらですが、軽くおさらいして
おきます。

まず、オリンピックで

金メダルを6個

世界陸上では
金メダルを8個

世界記録を三つ
①2009年 100m 9秒58
②2009年 150m 14秒35
③2009年 200m 19秒19

保持しています。
なかでも2009年世界陸上
100m決勝時。

スポンサードリンク


最高速度に達したボルトの歩幅が
2m75cm、そしてゴールを超える
最後の一歩が2m99cmという、
まさに超人的な一歩であり、
史上最大級の(100m走で)歩幅
と言われました。

 

3つのタイトルの
世界記録保持者!

あれは2009年8月16日。
世界陸上100mの決勝戦でのこと。

なんと、
人類初の9秒5台(9秒58)を
記録して優勝します。

ということでボルトは、
世界チャンピオン、五輪チャンピオン
そして世界記録保持者という3つの
タイトルを獲得。

“生きる伝説”の名にふさわしすぎる
輝かしい功績です。

何より彼のすごいのは大きな障害を
乗り越えての今、この記録という
こと。

 

 引退後は
サッカー選手に!?

陸上を始める前はなんと、
サッカー選手だったというボルト。

ということは、2017年の世界陸上
を最後に現役引退をしたら、その後は
サッカー選手に戻るかも。

かっこよすぎる転身ですが、ボルト
選手なら想像できる未来です。

スポンサードリンク

日本人としては桐生祥秀選手の
ファイナル、そして金メダルを
観たいですが、それとはまた別に
なんだかボルト選手のあの勝利の
ポーズも観てみたい。

ボルト選手が現役であるうちに
この二人の決勝戦が観たいです。

あとちょっと、う~ん
世界陸上が待ち遠しすぎる!!

【追記】—————
男子100m決勝、ご覧になりましたか!

歴史的なシーンを目撃したという
興奮でいっぱいでした。

結果、金メダルはジャマイカの
ウサインボルト選手(29)でした。

ボルト 9秒79
ガトリン 9秒80

0秒01差での勝利です。
ほぼ同時ゴールだったといっていい
ガトリン選手(33)は銀メダル。

こんな豪華な決勝戦は最初で最後
かもしれません。記憶に残る、
素晴らしい決勝戦でした。

 

最後に、私が気に入っている
ウサインボルト選手の名言の
ひとつをご紹介します。

 

世間が自分を見放しても
自分だけは応援する。

(引用:ウサインボルト名言集

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

関連記事

サニブラウン世界陸上200m出場決定!桐生もボルトも超えた!?
世界陸上2015北京マラソン代表今井正人が欠場!理由は?
世界陸上2015北京棒高跳びルノーラビレニが世界新で金か!
世界陸上2015北京モハメドファラーが前人未到連続2冠か
世界陸上2015北京男子マラソン藤原正和が目指すは金のみ!?
世界陸上2015北京男子マラソン前田和浩が3度目の正直で金!?
世界陸上2015北京女子100m金はシェリーアン・フレイザープレイスか
世界陸上2015北京200mアリソンフェリックス9個目金獲得か
世界陸上2015北京男子100m金はガトリンがボルトから奪回か
世界陸上2015北京で鈴木雄介が競歩世界新で金メダル!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析